息は鼻でするの、口でするの?

2.


これは今、ネット上で必ず出会う質問です。

あるボイストレーナーは口で息継ぎをすべきと教え、あるボイストレーナーは鼻に決まっていると教える。その間に立ってボーカリストたちは、一体どちらが正解なのかと迷うことになります。

こうした混乱の原因のひとつとして、ボイストレーナーという存在には、ルーツがあるということを考える必要があります。私が知る上で、ボイストレーナーは4系統あります。

1 クラシック系のボイストレーナー

2 ロック、特に白人ロック系のボイストレーナー

3 ソウルミュージック、ジャズのボイストレーナー

4 その他、日本という土壌で育った演歌・民謡のボイストレーナー

この4つの系統のボイストレーナーたちは、立場上お互いの意見交換や技術の実地検証が行われていません。

その上、ボイストレーナーという職業自体、国家認定のシステムが取られていないので、トレーナーの知識に大きな差が出ているというのが現状です。

また、ボイストレーナーたちは自分がどのルーツを持っていて歌を教えるのかということを明確にしていないことが多いため、非常にあやふやな環境の中で歌が教えられているという現状を知っておくべきでしょう。

(後の記事につづく)

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

羽島ボーカルアカデミー松本校 〒390-0815 長野県松本市深志1-3-9 林ビル2F JR松本駅から徒歩5分

TEL 050-5891-6472 Mail hajimanagano@gmail.com  受付 火曜-日曜 13:00-20:00

© 2014 by 羽島ボーカルアカデミー. Proudly created with Wix.com